地域の中で、地域の方々と協働し、「観光」「福祉」「郵便」「防災」「医療」「まちづくり」など、“教師だからこそできること”を探して活動しています。


by npoetc

第10回空知まちの子ども教室in三笠を行いました。

実施日   12月23日(金)13:00~16:00
場所    三笠市立三笠小学校 理科室
参加人数  子ども26名・保護者15名 計41名 スタッフ6名 
講師     JA三笠の松本秀則次長兼生産課長
報道     農業新聞カメラマン
後援     三笠市教育委員会
内容    ①受付 絵本読み聞かせ  (上原)
       ②Flashまちの学習クイズ (大沼)
         三笠市の名前の由来、市の木・花、町の特産品やまちの宝のクイズ。
       ③まちの宝の勉強     (JA三笠の松本秀則次長兼生産課長)
       ④三笠の農業の特徴や歴史、特産のきゅうりと最新の出荷工場のビデオなど
       ⑤まちのキャラクター工作 (吉岡)
        「三笠市のオリジナルキャラクター」をつくる。壁にくっつくおもちゃ工作。
       ⑥簡単ステンドグラス工作 (廣川)
        黒い紙を美しく切ったらラミネーターにかけて色を塗って完成。とても美しい。
       ⑦修了式         (学校長)
         校長先生から修了書を渡していただく。

観光まちづくりに特化した子どもTOSSデー
「第10回空知まちの子ども教室in三笠」が終了しました。
参加者は保護者15名、子ども26名、事務局6名、講師1名、
農業新聞カメラマン1名の計49名と今まででも最大級の人数でした。

受付を終わった子達に上原先生が読み聞かせ。低学年の子たちに人気でした。
まず大沼先生が町の特徴をクイズにします。パソコンで地図が出てきたり、
まちの花や木、特産品のクイズがポンポンでてきます。みんな熱中しました。
d0173626_13521960.gif
d0173626_13521056.gif


次は「まちの宝の学習」
講師はJA三笠の松本秀則次長兼生産課長さん。
JAの農業新聞社からも取材のカメラマンが来ていました。農業新聞にのるそうです。
三笠の農業の特徴や歴史、特産のきゅうりと最新の出荷工場のビデオなど、まちの農業の
話をしてくれました。  (写真は解像度を下げています)
d0173626_1451657.jpg


次は吉岡先生が「まちのキャラクターを作る工作」学習をしました。
まず、有名な札幌の「テレビ父さん」などのキャラクターを印刷したものでくっつきお化けを作
ります。壁にくっつけたりして、たっぷり遊んだ後は,「三笠のオリジナルキャラクター」を作り
ました。三笠の有名なアンモナイト・梅・炭鉱遺産・石炭などの写真をもとに目をつけたり、手
足をつけたりして自分がまちのキャラクターを楽しくデザインしています。
d0173626_142374.jpg

d0173626_146527.jpg


最後は廣川先生の工作講座。クリスマス前にぴったり。
「簡単ステンドグラス」これが大人気でした。1年生から6年生まで熱中。保護者まで熱中しました。
中学生も一生懸命取り組んでいます。黒い紙を美しく切ったらラミネーターにかけて色を塗って完成。
d0173626_147214.jpg

d0173626_1482079.jpg

d0173626_1474449.jpg


 まちの学習の修了式 校長先生から修了証をいただき、みんなニコニコでした。
d0173626_1492526.jpg

2年目のまちの子ども教室も、だんだん安定して運営できるようになってきました。
来年度の活動が楽しみです。

■保護者アンケート
・みんなよかったがステンドグラス工作が楽しかった。 
・紙が配布されカバンから出さないうち「行くから!」と子どもに言われます。下の
 子もいつも楽しんでいます。毎回楽しい企画ありがとうございます 
・クイズ 工作キャラクターまちのクイズが楽しかったです。農業から見た三笠の歴史を知る
 ことができて良かったです。
・初めて参加しましたが先生方が親切に教えてkれてよいと思います。
・休日にこのような企画で一生懸命やっていただき感謝しています。子共達のためにもまたつづ
 けていってほしいと思っております。
・いつも楽しく参加させてもらってます。今回も楽しかったです!!ステンドグラスは、ラミネートと
 いうのでとても簡単にできそうで大人も発見でした。又、企画があれば参加させてもらいたいです。
 今日も楽しい時間をありがとうございました。
・特にないです。親が思いつかないことをしてくださっているところがすごく良く、うれしく思っています。
 そういう意味で特にないです。
・なかなか自宅ではこのようなことができないのでまた、企画していただきたいです。
 (略)親子の共有できる時間が持てたこと、感謝します。ありがとうございました。
・自分の住んでいる三笠のことがたくさん知れて、とても勉強になりました。工作はとてもかんたんに
 できて、たのしかったです。
・大きなものを作る工作があればよろこぶとかと思います。1人ではなく共同作業で。
・いつもありがとうございます。毎回学校ではなかなか経験でいない事を楽しくさせていただき子ども
 達もとても喜んでおります。また次回も楽しみにしております。

■子どもアンケート
・工作が面白かった。
・カンタンステンドグラス工作が楽しかったです。キャラクター作り工作もユニークで良かったと
 思います。
・ 三笠のまちクイズ キャラクター作り工作 簡単ステンドグラス。
・カンタンステンドグラスこうさく キャラクターづくりこうさくがたのしかったです。(^_^)
・簡単ステンドグラスがすごくおもしろかったです。キャラクターもあんがいおもしろく楽しかったです。
[PR]
by npoetc | 2011-12-23 19:32 | 【空知】