地域の中で、地域の方々と協働し、「観光」「福祉」「郵便」「防災」「医療」「まちづくり」など、“教師だからこそできること”を探して活動しています。


by npoetc

「アタマ元気教室」上士幌

上士幌町の学童で、「アタマ元気教室」を行った。
9月13日(土)10:00~11:30
参加児童9人 学童の先生3人 見学者2人
d0173626_8413155.jpg

1,スクリーンを使ってスーパークイズ
子どもたちの食いつきが良かった。
手の上げ方をほめ、返事の仕方をほめ、子どもたちと親しくなっていった。

2,電子絵本「まめうしのお父さん」
(オホーツクの塩谷先生からいただいたコンテンツ。)
絵が動くことに喜んでいた。

3,ことわざのフラッシュカード
そして、暗唱カルタの「ことわざ」をやった。
学童の先生にも入ってもらった。

4,「土の漢字文化」の授業
中・高学年の女の子の食いつきがよかった。
学童の先生から「へ~~!」という声が聞こえた。
1年生は、まだ漢字を習っていないので、ちょっと難しかった。

5,チャレラン
まずは、おはじき積み。
集中して取り組む子どもの目が印象的だった。
指先と脳の関係を紹介。ホムンクルスも見せた。
次に、豆つかみ移し。
1年生の子にはちょっと難しかった。

6,「アタマげんきどこどこ」を紹介。
第1巻の「恐竜」のページ。
スクリーンに映し、コピーを渡して行った。
子どもの食いつきがすごかった。
コンテンツを使って、脳トレとしての効果を説明。
2枚目は「宇宙」のページ。
配った瞬間に集中モードに。
次々に「あった!」「みつけた!」の声。
「3枚目はないの?」という勢い。
「ごめんね。2枚しか用意してきていません。」と言うと、とても残念がっていた。
やっぱりすごい本であることを実感した。

お別れの挨拶をして終了した。
[PR]
by npoetc | 2014-09-13 20:00 | 【十勝】