地域の中で、地域の方々と協働し、「観光」「福祉」「郵便」「防災」「医療」「まちづくり」など、“教師だからこそできること”を探して活動しています。


by npoetc

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

(1)実施日:平成24年2月25日(土) 10:00〜11:30

(2)場所:標茶町開発センター

(3)イベント名:“学校の先生が開く”親子土曜学校”花育編 楽しい「いけばな」教室 in 標茶
          *花博記念協会助成事業として実施

(4)参加人数:小学生12名 幼児2名 保護者9名 計24名

(5)スタッフ人数:14名 
    ・NPOエトセトラ6名(馬場、山本、青木、勝田、佐藤、菅原)
    ・草月会北海道支部釧路支会 8名

(6)活動時間:2時間30分

(7)主催:NPO法人まちづくり教育協働企画エトセトラ 共催:TOSS千里

(8)事務局長名:菅原泰弘

(9)報告者名:菅原泰弘

d0173626_22154437.jpg

d0173626_2217879.jpg

d0173626_22164230.jpg

d0173626_22172653.jpg

d0173626_22174020.jpg

d0173626_22185586.jpg

(10)内容

  講座開始まで「ラワンの種とばし」をしました。

  縦15センチ、横1.5センチ幅に切った折り紙をVの字に折り、クリップの重りをつけます。
  2枚の羽を外側にそらせます。
  これでできあがり。

  上に向けて投げると、プロペラのようにくるくる回りながら落ちてきます。
  親子で夢中になる姿が見られました。
  中には5つまとめて空に投げ、種の雨を降らせた子も。
  きれいに落ちてくる様に、会場から拍手が起こりました。

  第1講座は青木先生の電子絵本。
  できたてほやほやの「はなかっぱ」と「七色の花」の2本立て。

  絵が動いたり、BGMが流れたり。
  子どもたちだけでなく、保護者の方の目も釘付け。
  中には身を乗り出して食い入るようにスマートボード(電子黒板)を見つめる子もいました。

  第2講座は山本先生の「お花カルタ」

  季節のお花を3枚ずつ計12枚。
  私たちが学校でカルタをするときは20枚一組にする事が多いです。
  今回は、小さいお子さんもいるので12枚一組。

  短時間で2回行ないました。

  2回目になると、最初の数文字を聞いただけで札を取る子が続出!
   
   読み手「50円玉の〜」
   子ども「はいっ!」
   おとな「お〜〜っ! すごい!」

  わずかな時間に花の写真と名前、読み札がぱっとつながる。
  カルタの持つ力は大きいです。

  ちなみに50円玉の裏に描かれている花は「菊」です。

  講師としてお招きした草月流の先生方も一緒に体験して下さいました。

  第3講座は たのしい「いけばな」教室。
  「花博記念協会」の助成を頂いて行ないました。
  草月会北海道支部釧路会(宮下美水会長)のご協力を頂き、8名の講師をお招きしました。
  全体指導は標茶在住の高橋篤子師範です。

  初めはクイズ。
  今日使うお花の名前をクイズ形式で問いました。
  チューリップ、桃、菜の花です。
  菜の花は道東ではあまり目にすることがありません。
  知っているお子さんがいてびっくり。拍手!

  次に高橋師範に枝の切り方と水切りのしかたを教わりました。
  高橋師範の実演を食い入るように見つめる子どもたち。
  その目はとても真剣でした。

  「枝物は斜めに、お花は真っすぐ横に。」
  「お花を切るときは水の中で」

  「これだけは覚えてもらいたい」ということに絞ってご指導いただきました。

  その後は親子でいけばな。
  講師の先生がほぼ1家庭に一人つくという恵まれた環境の中で、体験教室は進みました。
  「あら、すてきねぇ!」
  「うわぁ、上手!」
  「できたぁ!」
  嬉しい声がたくさん聞こえてきました。

  完成後は白い壁をバックに記念撮影。

  どれも幼児・小学生がいけたとはおもえない素敵な作品。
  心がほっこりと温かくなりました。
  長い年月を経てもいけばなが日本で愛されている訳が、ここにあるように思いました。

  撮影後は、「こどものいけばな」というテキストを使ったミニ講座。
  お花の基本についてポイントを絞って解説していただきました。

  生けたお花、使った花器と剣山は、持ち帰っていただきました。
  きっと、お家で生け直し、新たな作品が生まれたことと思います。

(11)アンケート結果

 ■子ども
  ・とても楽しかった…11 
  ・楽しかった…2 
  ・まあまあ楽しかった1
  ・また来たい…13 
  ・わかりません:1

 ■保護者
  ・大変満足…7 
  ・満足  …2

(12)参加者の感想

 ■子ども〜楽しかったこと、うれしかったこと、勉強になったことは何ですか?
  ・花の切り方は、ふつうに切ると思っていたけど、やわらかいのはよこ、かたいのがななめとい
   う切り方が勉強になりました。カルタで、花のしゅん(*旬)とかがわかりました。(4年)
  ・考えてさすことがべんきょうになった。(3年)
  ・さすのがたのしかったです(1年)
  ・来れて楽しかった(2年)
  ・ももの花は固かったけれど、切れてうれしかった。かんせいした時は、きれいにできてうれし
   かった。(3年)
  ・かわいくできたのでうれしかったです(1年)
  ・いろいろ勉強になったし、とても楽しかった。(4年)
  ・花やももの木を切るのが楽しかったです。花やももの木をならべるのも楽しかったです。
   (3年)
  ・いけばながたのしかったです。(1年)
  ・花の絵本が面白かったです。いけばなははじめてだったのでおもしろかったです。(6年)

 ■保護者の感想
  ・お花の生け方の基本が分かってとても楽しかったです。
  ・このようなイベントに初めて参加したんですけれど、ていねいに教えて下さってとてもよかっ
   たです。子どももとてもよろこんでいました。
  ・男の子なので普段お花を生けたいとは思わないのですが、今日はとても考えてやっていまし
   た。自由にやらせていただいて楽しかったです。
  ・一度やってみたかったので、よかったです。
  ・親子で楽しめる内容でとても良かったです。絵本、カルタ、子どもたちがん夢中になっていま
   した。またやって下さい!!
  ・学校からお便りをもらってきて、自ら進んで「行きたいと」言っていました。とても楽しかっ   たようで、家でもやって見ようと思います。
  ・生けるコツなどもう少しいろいろ知れたら良かった。メインの生ける時間があっというまに    終ってしまった。
  ・はさみを使うことが大変でしたが、とても楽しかったです。
  ・ていねいにいけばなを教えていただきありがとうございました。電子絵本や花カルタも楽し
   かったです。花カルタの枚数がもっとあったら、もっと盛り上がったと思います。

(13)今後に向けて
 ■子ども〜これから勉強してみたいことは何ですか
  ・花やももの木のならべかたです。花の数も知りたいです(ならべかたで)
  ・図工です。学校でやってみたことのないことをやりたい。(2年)
  ・花の季節をいっぱいしりたいです。色々なお花がわかるようになりたいです。(4年)
  ・はさみの使い方をもっと勉強してみたい。(3年)
  ・もっと花の種類を知りたい。(3年)
  ・お花ももっといっぱい知りたいし、きせつのお花もいっぱい知りたい。(4年)
  ・デッサンと動物について(6年)

 ■保護者〜今後、どのようなイベントがあったら参加してみたいですか?
  ・もの作りが好きなので、学校では出来ないような、ちょっとお金がかかってもやってみたいで
   す。
  ・陶芸
[PR]
by npoetc | 2012-02-25 22:29 | 【釧路・根室】
(1)実施日 
      2月18日(土)
(2)場所
      根室市青少年センター
(3)イベント名
      第39回”学校の先生が開く”親子土曜学校in根室「新1年生限定」
(4)参加人数
      子ども5名・大人4名・幼児4名・小学生3名 計16名
(5)スタッフ人数
      5名(平田・沓澤・馬場・五十嵐・進藤)
(6)活動時間
      2時間00分
(7)主催
      TOSSネムロ/共催:NPO法人エトセトラ
   後援
      根室市・根室市教育委員会
   取材
      北海道新聞・釧路新聞・根室新聞
(8)事務局長名
      平田純也
(9)報告者名
      平田純也
      
d0173626_1643255.jpg
d0173626_16425029.jpg
d0173626_16424085.jpg
d0173626_16422238.jpg

毎年恒例、TOSS版「新1年生一日入学」です。
「跳び箱」「鉄棒」「電子絵本」「音読」「字が上手になるお勉強」「カルタ」
という流れです。保護者向け講座も行いました。

まず、五十嵐先生が子どもたちを集め、体ほぐしをしました。
「カエルになって足打ち!」
「忍者のように集まる!」
「もぐらになろう!」「次はばった!」
などなど、少しずつ変化をつけて、跳んだり走ったり、
子どもたちは様々な動きをしました。
あっという間に、汗をかくほど動いていました。

続いて、跳び箱教室です。
長い助走をつけて、思いっきり跳ぶのではなく、
跳び箱の手前で静止した状態から静かに跳び越せば良いことを
まず話しました。

何度も何度も繰り返すうち、どんどん上手になっていきます。
全員が跳び越せました。

次は「逆上がり」です。
教師が子どもたちの手を握り、
「お父さん周り」をさせました。
(お父さんの太ももに足を乗せ、グルンと1回転するのです。)
 それと同じことを鉄棒を挟んでやりました。
「がんばれ!」
「あと少しだ!」
と、見ている保護者の方からも声援が上がっていました。

取材した記者さんからも、
「すごい!」
「どんどんできるようになってるね!」
と声が掛かっていました。

休憩を挟み、「お勉強」に入ります。

「新1年生」にぴったりの絵本「ますだくんのランドセル」を
スクリーンに写し、読み聞かせました。

音読教材を配り、教師の声に続いて同じところを何度か読ませました。
1回読むごとに赤丸を塗らせます。
子どもたちもすぐにそのやり方を理解して、
読むごとに自分で丸を塗っていました。
「あと3回だ!」
「10回終わった!」
と子どもたちも満足げでした。

次に鉛筆の持ち方を教え、「TOSS直写ノート」を配り、
直写(なぞり書き)をさせました。
先ほどまでのにぎやかさが消え、
「シーン!」と音がするほど集中していました。

できた子から、お家の人に見せに行き、
「上手ね!」
「よくできたな。」
と誉めてもらっていました。
子どもたちは誇らしげでした。

ここで、親と子が別メニューになります。
保護者は別室で馬場先生による保護者講座を受けます。
馬場先生は、
小学校入学までに子どもたちにさせたいこと、
受け持って感動した子、
これだけは身に着けておいてほしいこと、
などを話しました。
保護者の方は、うんうん、と頷きながらじっと聞いていました。

子どもたちは「ソーシャルスキルカルタ」です。
沓澤先生が、
「学校の、いろいろなときに、どういうことをすればよいか、
 お勉強できるカルタをします。」
と話し、カルタを始めました。
あっという間に子どもたちは熱中し、30分近く飽きずに取り組みました。

【アンケート】(子ども)
1.たのしかったですか?
    とてもたのしかった・・・5
       たのしかった・・・0
   まあまあたのしかった・・・0
     たのしくなかった・・・0

2.またきたいですか?    
      またきたいです・・・5
       わかりません・・・0
      きたくないです・・・0

3.たのしかったことや、うれしかったことは、
 なんですか?
     ・とびばこ
     ・てつぼうです あととびばこです
     ・とびばこ
     ・かるた
    
      
【アンケート】(保護者)
1.参加したきっかけ
      チラシ・・・2
       紹介・・・1
  過去に参加して・・・0
     新聞記事・・・1

2.本日の内容は
      とてもよかった・・・4
     まあまあよかった・・・0
      少し不満である・・・0
        不満である・・・0

3.ご意見ご感想
     ・とび箱などは幼稚園でやらないので、今回練習させて
      いただいて本人も楽しそうでとても良かったです。
      てつぼうの練習など家でも参考になりました。ありが
      とうございました。
     ・大変良かったです。次回もあればぜひ参加したいです。
     ・子供が楽しく学べたので大変良かったです。
     ・とってもたのしかったです。
     
[PR]
by npoetc | 2012-02-18 16:43 | 【釧路・根室】
(1)実施日:平成24年2月18日(土)

(2)場所:釧路市東部コミュニティセンター・コア大空

(3)イベント名:学校の先生が開く“親子土曜学校”花育編 楽しい「いけばな」教室

(4)参加人数:子ども16名 保護者11名

(5)スタッフ人数:5名(青木、勝田、菅原、山本)

(6)活動時間:2時間30分

(7)主催:NPO法人まちづくり教育協働企画エトセトラ 共催:くしろ未来塾サポーターズクラブ

(8)事務局長名:山本真吾

(9)報告者名:山本真吾

(10)内容
①電子絵本~ 青木勝美
 「不思議なキャンディ屋さん」「七色の花」の読み聞かせ。

②花かるた~山本真吾
 季節ごとに12種類の花をかるたにしました。

③「いけばな」教室
 「花博記念協会助成金」で行った事業です。
 草月会北海道支部釧路海会から講師4名をお招きして「生け花」を体験しました。
 桃の木、チューリップ、菜の花を生けました。
 生けたお花、使った花器と剣山は、持ち帰れるようにしました。
 
 
(11)アンケート結果
■子ども
とても楽しかった~10名 楽しかった~4名
また来たい~13名 わかりません~1名
まあまあ楽しかった~0名
楽しくなかった~0名
■保護者
とてもよかった~9名
まあまあよかった~1名

(12)参加者の感想
■子どもの感想~楽しかったこと、うれしかったこと、勉強になったことは何ですか?
・花を生けたり教えてもらったりしてこと。
・お友達と会えた。お花の名前を覚えた。
・はながきれいだったから、べんきょうになった。
・はなをきったこと。
・かるたが楽しかったです。
・生け花で花を切ったりさしたりした事。
・初めてだったけど先生達が教えてくれて上手にできてうれしかった。ありがとうございました。
・ぜんぶたのしかった。
・かるた
・お花をさわれてよかった。
・はなをかざるのがたのしかったです。
・かるたがおもしろかったです。
■保護者の感想
・子ども達も満足していました。読み聞かせ(?)もよかったです。
 また機会があれば参加したいと思います。ありがとうございました。
・とてもよかったです。花に親しむ、興味をもつきっかけになったと思います。
 息子は広汎性発達障害ですが(現在は普通学校で過ごしています)先生達が優しく無理のない企画・対応して下さり、
 楽しく活動できました。これからも参加させていただきたいと思います。よろしくお願い致します。
・初めてでしたが、子どもの笑顔も見ることができ楽しかったです。
 普段、お花に子どもに本物を見せる機会がなかったので、今回をきっかけにお花の名前など教えていけたらと思いました。
・とても楽しく参加させていただきました。子供へのよみ聞かせも楽しかったですし、生け花も親子で楽しくできました。
 また、ぜひ参加したいと思います。
・親子で日本文化にふれることができ感謝しています。また、このような機会があれば連絡お願いいたします。
・子供が楽しめる内容で良かった。
・最近の子供達は花文化に接することが少ないと思い、良い経験が出来たと思います。
・子供も楽しんでくれたので、また色々と体験できればと思います。
・盛りだくさんの内容で楽しかったです。幼児も参加させて頂き、ありがとうございます。
・普段の学校では学ぶ事ができ
d0173626_0245146.jpg
d0173626_0254211.jpg
d0173626_0255584.jpg
d0173626_026999.jpg

[PR]
by npoetc | 2012-02-18 00:21 | 【釧路・根室】