地域の中で、地域の方々と協働し、「観光」「福祉」「郵便」「防災」「医療」「まちづくり」など、“教師だからこそできること”を探して活動しています。


by npoetc

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

佐藤式工作「びっくりバタバタ」をしました。


(1)実施日:3月17日(土)
(2)場所:根室市図書館
(3)イベント名
   第40回”学校の先生が開く”親子土曜学校in根室
(4)参加人数:小学生19名・中学生1名・大人11名・幼児2名・見学1名 計34名
(5)スタッフ人数:2名(平田・間渕)
(6)活動時間:2時間00分
(7)主催:TOSSネムロ/共催:NPO法人エトセトラ
   後援:根室市・根室市教育委員会
   取材:北海道新聞・根室新聞
(8)事務局長名:平田純也
(9)報告者名:平田純也
      
流れ
(1)ペーパーチャレラン(間渕・平田)
    グーチョキパー・○△□の2種類
(2)電子絵本「おばけのかんづめ」(平田)
(3)佐藤式工作「びっくりバタバタ」(平田)
(4)ソーシャルスキルカルタ(間渕)
(5)アンケート書き・修了式

d0173626_17293675.jpg

3歳から中学生まで、幅広い参加となりました。
受付をした人から、ペーパーチャレランをします。
今回は、数えるだけなので幼児でもできる「グーチョキパー」と、
たし算をたくさんする「○△□」の2種を用意しました。
3年生以上の子は「○△□」の方が挑戦意欲をかきたてられたようです。
最初は子どもの様子を見ていた保護者の方も、徐々に興味を持ったのか、
子どもと「どうやって進むの?」「何点行った?」などと
話しながら取り組んでいました。

電子絵本は「おばけのかんづめ」を読みました。
子どもたちの楽しそうに見つめる顔が印象的でした。

続いて、今回のメイン「びっくりバタバタ」です。
「すずめばち」の封筒を見せ、
「開けたい人?」と聞くと、大半の子が手を挙げる中、
「あけるな」って書いてあるので、「開けたくない」という子もいました。
封筒をひっくり返すと、「そっとあけよう」と書いてあります。
「え?あけていいの?」という声が聞こえました。
「あけてみようか。でも、きけん!って書いてあるね、どうする?」
と子どもたちに聞くと、
「開けたい!」「開けて!」と大騒ぎです。
一人の子に開けるように言うと、恐る恐る封筒を開き始めました。
ブルルルル!と封筒が震え、中から何かが飛び出しました。
「わあ!」と大騒ぎです。
保護者の方も、そんな子供たちの様子を楽しそうに見つめていました。
「今日は、これを作ります。」と説明すると、
「やったあ!」と歓声が上がりました。
d0173626_17295364.jpg

封筒、仕組み、という順番に作りました。
順調に出来上がりました。
さっそく封筒に仕組みを入れて、あちこちから「わあ!」という悲鳴や、
「ブブブブブ!」という音がして、にぎやかになりました。

次に飾りつけをします。
スクリーンに、たくさんの見本を見せると
「あれ、いい!あれにしよう!」
「どうしようかなあ!」
など、考え始めていました。

デザインなどをいろいろと試行錯誤しながら、
みなさん、思い思いの作品を作っていました。

d0173626_17301654.jpg
d0173626_173043.jpg

最後に、子どもたちだけで「ソーシャルスキルカルタ」を
トーナメント形式で行いました。
真剣そのものの表情で、札を取っていました。
勝って大喜びしたり、負けて悔しがったり、
みんないい顔をしていました。


【アンケート】(子ども)
1.たのしかったですか?
    とてもたのしかった・・・17
       たのしかった・・・0
   まあまあたのしかった・・・2
     たのしくなかった・・・0

2.またきたいですか?    
      またきたいです・・・14
       わかりません・・・5
      きたくないです・・・0

3.たのしかったことや、うれしかったことは、
 なんですか?
     ・こうさくづくりがたのしかったです。百にんいっしゅがたのしかったです。
     ・カルタがとても楽しかったです。チャレランも頭でかんがえるので
      勉強になりました。工作もきったりはったりしてとても楽しかったです!!
     ・こうさくのスズメバチ、ソーシャルスキルカルタ
     ・かるたとびっくりばたばたとペーパーチャレランがすごく
      たのしかったです。
     ・かるたと、びっくりバタバタがすごくびっくりしたり、かるたでかったから
      うれしかった。
     ・楽しかったことは「すずめばち」をつくることでした。またつくって
      あそびたいです。
     ・すずめバチを作るのがとっても楽しかったです。じむきょくの仕事も
      楽しかったです。カルタも2位になれてうれしかったです。
     ・すずめばちづくりがたのしかったです。
     ・かるたで中学生にかったのに ちかにまけたのがくやしい。
     ・工さくでつくりかたがわかってうれしかった。
     ・すずめばちのやつが楽しかったです。
     ・カルタとチャレランがたのしかったです。
     ・カルタで3いでよかった。
     ・びっくりバタバタがたのしかったです。
     ・びっくりバタバタがすごくおもしろかった。
     ・おもちゃ作りがびみょうにたのしかったです。
      チャレランおもしろかったです。
     
    
      
【アンケート】(保護者)
1.参加したきっかけ
      チラシ・・・6
       紹介・・・0
  過去に参加して・・・3
     新聞記事・・・0

2.本日の内容は
      とてもよかった・・・7
     まあまあよかった・・・2
      少し不満である・・・0
        不満である・・・0

3.ご意見ご感想
     ・子供達がたのしそうでよかった。
     ・かるた前の説明が少なく子供たちがとまどっていました。
      百人一首のルール表を配るなどしてほしいです。
     ・楽しかったです
     ・子供が大変楽しそうにしていました。どうもありがとうございました。
      また参加したいと思います。
     ・工作好きの子供たちなのでとても楽しく過ごせました。
      びっくりするしかけもとてもよかったです。
      家でもまた作ると思います。
     ・子供はたのしんでいました。帰っておとうさんをおどろかせるそうです。
     ・楽しかった
[PR]
by npoetc | 2012-03-18 17:32 | 【釧路・根室】
東日本大震災から1年。
防災の授業をした後,イオン釧路店内にて募金活動し,黙祷を捧げました。

1.日時 平成24年3月11日(日)
     10:00~14:00
     ※9:30集合

2.場所 釧路町コミュニティーセンター

3.内容 
 9:45~ ペーチャレ 勝田
10:00~ 五色百人一首 佐藤
10:15~ 電子絵本 山本
10:25~ 防災の授業 山本
11:00~ 壁新聞作り
12:00~ 昼休み
13:00~ 壁新聞作り
14:00~ イオン内で募金活動
14:46~ 黙とう
15:00~ 終了

4.スタッフ
①勝田仁 ②石川雅昭 ③佐藤美智子 ④山本真吾

d0173626_16454828.jpg
d0173626_16462393.jpg
d0173626_16464152.jpg

d0173626_1652814.jpg

[PR]
by npoetc | 2012-03-11 16:00 | 【釧路・根室】
子ども町長シリーズ2nd 第5弾ファイナル 

「 別 海 町 で 酪 農 家 体 験 」

実施日 平成24年3月10日(土)10:00~12:00

会 場 別海町酪農研修牧場

講 師 別海町酪農研修牧場 牧場長 谷野 利一 さん

参加者

子ども(幼児~小6)15名

保護者        9名

スタッフ       4名

合 計       28名       


スタッフ教員 勝田 山田 五十嵐 塩谷


プログラム
①電子絵本読みきかせ「まめうしのお父さん」

②TOSS教師の授業「震災と酪農:牧草支援の授業」塩谷

③牧場長さんの特別授業①牛のこと、牛乳のことや酪農のこと

④牧場長さんの特別授業②牛舎見学 トラクター乗車体験

⑤牛博士検定

⑥認定証授与 閉会式

詳しい内容はこちら
[PR]
by npoetc | 2012-03-11 12:37 | 【釧路・根室】
d0173626_6112974.jpg
北海道十勝の永山です。

子どもTOSSデー(新入学児向け)を開催しましたので、ご報告します。

今回は、新入学児を対象に「新1年生入学じゅんび教室」として行いました。
リズム遊び、輪郭漢字カード、ストローロケット、えんぴつの持ち方、
百玉そろばん、そして読み聞かせ。
新入学児が楽しそうに活動してくれました。
また、保護者向けの講座も行いました。

なお、地方紙(十勝毎日新聞)の取材があり、翌日掲載されました。

1,日時 平成24年3月4日(日)14:00~15:40
2,会場 幕別町札内南コミュニティーセンター
3,参加者 新入学児 10名
       保護者 10名(参加率100パーセント)
       事務局 9名
4,事務局長 永山祐
5,主催サークル TOSSお茶しましょ
6,内容
 ・講座1 「体ほぐし&リズム遊び」(柳沢)
 ・講座2 「漢字カルタ~輪郭漢字カード~」(泉井)
 ・講座3 「簡単工作~ストローロケット~」(永山)
 ・講座4 「えんぴつの持ち方」(佐々木)
 ・講座5 「数を数えよう~百玉そろばん~」(水内)
 ・講座6 「絵本の読み聞かせ」(奥田)
 *保護者向け「入学準備講座」(伊倉)

7,アンケート結果
【新入学児】
○満足度
・とてもたのしかった 8人
・たのしかった    2人 
・あまりたのしくなかった 0人
・たのしくなかった   0人
○感想
・とてもたのしかった。
・とてもたのしかったし、さんかできてよかった。
・ロケットづくりがたのしかった。
・えんぴつでかくのがおもしろかった。
・図工の授業がたのしかったです。
・うれしかった。
・ロケットがたのしかった。
・たのしかった。
・ぜんぶたのしかったです。
・こうさくがたのしかったです。

【保護者】
○満足度 
・大変よかった 10人
・よかった   0人 
・あまりよくなかった  0人
・よくなかった 0人
○感想
・子どもが楽しそうに参加していました。
 小学校に上がる前に経験させてあげられてよかったです。
・どの講座のとてもよかったです。
 娘がとても楽しそうだった様子からよくわかります。
・子どもの気持ちをとても盛り上げて、前向きになる進め方は、
 すてきだなと思いました。子どもも自信につながったと思います。
・「漢字カルタ」の学習は字が読めなくても、絵で見て理解できるので、
 すごくよいですね。楽しく勉強ができそうです。
・子どもへの勉強の教え方、関心の向け方、私自身が勉強になりました。
・鉛筆の持ち方が分かりやすくて良かったです。
・基本から教えていただいたので、とても良かったです。
 子どもの「とても楽しい」といっていたので、
 本当にありがとうございました。
・親も子も楽しく参加させていただきました。

以上です。
d0173626_6115052.jpg

[PR]
by npoetc | 2012-03-08 06:12 | 【十勝】
今回は、「楽しい理科工作」と題して、理科で学習する原理を使った工作を行いました。
3年生の「ゴムの力」の原理を使った紙コップロケットやふるえるおもちゃ作り、
「音の伝わり方」の原理を使った様々な種類の糸電話実験を行いました。

0.日時 平成24年1月21日(土)14::00~16:30
1.参加者
    児童  26名
    保護者 18名(参加率100%)
    事務局  9名
2.開催場所 帯広市民活動センター(帯広市)
3.事務局長 奥田真由美
4.主催サークル TOSSお茶しましょ
5.内容
   講座1 「ブルブル震えるおもちゃ作り」
   講座2 「紙コップを使った理科工作(紙コップロケット)」
   講座3 「糸電話実験」
   ※6年生にとっては最後となる会だったため、修了式で卒業証書を渡しました。
d0173626_55438.jpg
d0173626_5544630.jpg


6.アンケートの結果
(児童)
今日の「親子わくわく授業体験」は楽しかったですか。
  とても楽しかった    23名
  楽しかった        3名
  あまりたのしくなかった  0名
  楽しくなかった      0名

今日の「親子わくわく授業体験」は勉強になりましたか?
  とても勉強になった    21名
  勉強になった        5名
  あまり勉強にならなかった  0名
  勉強にならなかった     0名

感想
・糸電話が竹ひごで通じることがわかった。
・全部とても楽しかったです。ありがとうございました。
・とても楽しかったし、勉強になりました。またあったら、来たいです。
・糸電話が楽しい勉強でした。
・紙コップを使った勉強、とても楽しかったです。
・今回で最後で、さびしいです。(6年生のため)
 TOSSの先生は、すごくすごくほめ上手です。
 参加して、おこられたことは1度もありません。
 中学校に行っても、また遊びに来たいです。
・糸電話をゴム風船でやると、一人でも聞こえるのがおもしろかったです。
・私は、理科が大好きで得意です。そして、将来理科の先生になりたいので、
 とてもお勉強になりました。特に、糸電話の仕組みがよくわかりました。
 家でもう1回挑戦してみます。
・3年生から6年生の間では、学校で習わないことができて良かったです。
 他にも、いろいろ工作があってとってもよかったです。
・糸電話の実験が楽しかったです。特に、毛糸を手で持つと聞こえなくなるということがおもしろかったです。
 今度も来たいです。
・中学校で勉強するやつもわかりやすく教えてくれたので、勉強になりました。
 糸電話で通じる物と通じない物があるのを初めて知りました。
・すごく楽しかったです。とくに糸電話の実験が全部あっていたことがすごくうれしかったです。
 ありがとうございました。
・最初のは飛び出てびっくりしました。次のは、とても跳んですごかったです。
 最後のは楽しかったです。
・すごくおもしろかったです。ブルブル震えるおもちゃ作りがおもしろかったです。
・理科がすきになりました。また来たいです。
・今回でTOSSは最後だけど、参加して良かったです。

(保護者)
 満足度
大変良かった   16名
良かった      2名
あまり良くなかった 0名
よくなかった    0名

感想
・作りながらの体験だったので、子どもたちも楽しそうでした。
・実験がたくさんできて良かったです。
・いろいろな物を使って実験できたので、大変良かったと思います。
・普段できない実験等を楽しくできて、子どもたちも興味深く、嬉しそうでした。
 今回は、参加者が多く活気があり、本当に嬉しく思います。
 いつも熱心な活動ありがとうございます。
 上の子は、今日で卒業です。6年間お世話になり、本当にありがとうございました。
・紙コップを使った様々な実験、また蜂の工作、とても楽しんでいました。子供
 達の意見を求める部分では、たくさんの子供の意見が聞け、驚くと共に感心し
 ました。上の子の卒業証書ありがとうございました。
 また、幼児の子にも修了証書ありがとうございました。とても喜んでいました。
・楽しい体験ばかりで、大変良かったです。ありがとうございました。
・アルコールロケットはすごかったです。
・低学年の子供でも楽しくできる実験で、親子共に楽しめました。
・工作だけでなく、自分で予想して実験すること、とても良かったです。プリントも良かったです。
・家ではなかなかできない実験、思いつかない実験、体験ができて、子供のいい笑顔が見られました。
 ありがとうございました。
・子供達が楽しみながら学習できる様子で良かった。親も昔のことを思い出しながら、頭を活性化できた。
・予想しながらの実験もあり、変化があり、とても楽しそうでした。とても良かったです。
・初めての参加でしたが、子供もとても楽しそうでした。内容も盛りだくさん
 で、とても勉強になったと思います。
[PR]
by npoetc | 2012-03-06 05:57 | 【十勝】
茶道、華道、バレエなど11の講座を屋台形式で開き、子どもが自由に受講できるようにした。
その中で、NPO法人まちづくり教育協働企画エトセトラが学習の屋台を請け負った。
民間企業と現役教師が連携しての事業は珍しいとマスコミ、保護者から注目を集めてのスタートとなった。

(1)実施日:平成24年3月4日(日)

(2)場所:北海道釧路市中部コミュニティセンター・コアかがやき

(3)イベント名:くしろ子ども未来塾

(4)参加人数:子ども77名 保護者42名

(5)スタッフ人数:14名

(6)活動時間:3時間

(7)主催:くしろ子ども未来塾サポーターズクラブ
   協力:NPO法人まちづくり教育協働企画エトセトラ

(8)事務局長名:山本真吾

(9)報告者名:山本真吾

(10)内容
釧路市のコミュニティセンター3か所の指定管理業者(株)セントラルビルサービスの専務吉田敦子氏が、子どもの心と体の成長を願って開設したくしろ子ども未来塾。

d0173626_22272725.jpg
d0173626_22265268.jpg

[PR]
by npoetc | 2012-03-04 22:24 | 【釧路・根室】