地域の中で、地域の方々と協働し、「観光」「福祉」「郵便」「防災」「医療」「まちづくり」など、“教師だからこそできること”を探して活動しています。


by npoetc

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2月24日に、第37回“学校の先生が開く”親子わくわく授業体験を開催しました。
本日は「入学準備体験」ということで、4月から小学1年生になられるお子様4名に参加いただきました。
子ども達はとっても元気でした!その姿を見て、授業をした私達自身もエネルギーをいただきました。
また、同時進行で保護者の方へ向けた「入学準備」のお話もさせていただきました。
次回は、小学生と対象に6月ごろに開催いたします。
以下、本日の実施報告です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.日 時 : 平成25年 2月24日〈日〉
2.場 所 : 帯広市鉄南コミュニティセンター
3.参加者 : 保護者 5名
        お子様 4名
4.事務局 : 5名〈永山・佐々木・柳沢・奥田・泉井〉
5.日 程
14;00 挨拶・事務局紹介
14:05 音楽・体を使って音を楽しもう(柳沢)
14:15 国語・漢字カルタを覚えちゃおう(奥田)
14:25 休憩
14:35 算数・数を数えよう(佐々木)
14:45 道徳・あいさつは心のリボン(泉井)
14:55 休憩
15:05 国語・鉛筆の持ち方&字を書いてみよう
15:25 修了証・次回案内
15:30 終了

6.お子さまの感想
①音楽    
 とても楽しかった 1人,たのしかった 2人,あまりたのしくなかった 1人,
②かるた
 とても楽しかった 2人,たのしかった 2人,あまりたのしくなかった 2人,
③そろばん
 とても楽しかった 4人,
④あいさつ
 とても楽しかった 1人,たのしかった 3人,
⑤こくご
 とても楽しかった 3人,たのしかった 1人,
⑥また参加したいか
 ぜったいきたい 4人,

7.保護者の感想
①満足度
 大変良かった 4人,良かった 0人,あまりよくなかった 0人,よくなかった0人,
②感想
 ・子どもたちが楽しそうに参加できていたのでとても良かったです。
 ・親子ともどもとても勉強になりました。ありがとうございました。
 ・とにかく子どもが楽しそうに生き生きと参加していたので、こんな学校だったら安心だなぁと思いました。ありがとうございました。

d0173626_5513069.jpg

[PR]
by npoetc | 2013-02-25 05:52 | 【十勝】
今年で5回目となる「新1年生向け運動・お勉強教室」です。
過去最高の申し込みをいただき、会場の青少年センター研修室は超満員でした。

【概要】
(1)実施日:2月23日(土)10時~12時
(2)場所:根室市青少年センター第1研修室・中会議室
(3)イベント名
   第50回”学校の先生が開く”親子土曜学校in根室
(4)参加人数:子ども25名・保護者24名 幼児5名 計54名
(5)スタッフ人数:7名(平田・沓澤・五十嵐・岡戸・馬場・山本・石川)
(6)活動時間:2時間
(7)主催:TOSSネムロ/共催:NPO法人エトセトラ
  後援:根室市・根室市教育委員会
  取材:北海道新聞
(8)事務局長名:平田純也
(9)報告者名:平田純也
(10)内容
  1.体ほぐし(五十嵐)
  2.運動教室(平田・五十嵐・沓澤・山本・岡戸)
  3.音楽「BINGO」(岡戸)
  4.お勉強教室「鉛筆の持ち方・音読・直写」(平田)
  5.(1)ソーシャルスキルカルタ(沓澤)
    (2)保護者向け講座(馬場)
  6.アンケート書き・修了式(平田)


受付を済ませた子がさっそく跳び箱を見つけ、「跳んでいい?」と聞いてきます。
「もちろんいいですよ。」と答えると、ぴょんぴょん上手に跳んでいきます。
「うまいなあ!」と言うと、「幼稚園でやったことあるもん!」と、とても嬉しそうです。
d0173626_23101626.jpg


開始時刻になり、体ほぐしから始まります。
先生が、「こんなこと、こんなこと、できますか?」と子どもたちに動きを見せると、
「こんなこと、こんなこと、できますよ!」と楽しそうに真似をします。
いろいろ動きに変化をつけながら、跳び箱や縄跳びにつながる運動を、次々にしていきます。
あっという間に、子どもたちも(先生も)息を切らして汗だくになっていました。
d0173626_23104492.jpg

体が温まったところで、「運動教室」に入ります。まずは跳び箱です。
長く助走をつけて思いっきり走って力いっぱい「ばーん!」と跳ぶのではなく、
両手でしっかり跳び箱を押し、静かに跳び、そーっと着地するのが「上手な跳び箱です」と、最初に話をしました。
子どもたち、真剣な表情で聞いていました。
一人ずつ跳ばせると、ほとんどの子が話した通りに跳んでいました。
ちょっと手や足がずれてしまう子には、すぐに「今度はこうしてごらん」と教えました。
またまた真剣な表情で頷きます。どんどん上手になっていき、最後には全員が少なくとも2段は跳び越せました。

ここで「鉄棒」と「縄跳び」の二手に分かれます。
鉄棒は逆上がりが上手にできる「くるりんベルト」を使って、
縄跳びは「スーパーとび縄」を使いました。

長さを調節してもらった子から、縄跳びを跳び始めます。
あっという間に上手になっていきます。
d0173626_2311281.jpg
    
「鉄棒」コーナーでは、「くるりんベルト」を使って逆上がりの練習をします。
生まれて初めて逆上がりをした子もいたようです。
「すごい!」「上手!」「もうちょいだ!」と先生の声が部屋中に響く中、
子どもたちは何度も何度も列に並び、逆上がりに挑戦しました。

 
d0173626_23111910.jpg

運動教室の次は、「音楽」です。
「びー」「あい」「えぬ」「じー」「おー」のカードを黒板に貼り、CDを流します。
札をひっくり返すと手拍子マークになっています。
CDに合わせ、先生が手拍子をします。
子供達もすぐに理解し、先生のまねをします。
「もっと!もっと!」と子どもたち、ノリノリでした。

休憩を挟み、「お勉強教室」です。
まずは、鉛筆の正しい持ち方を教えます。
保護者の方からも「そうやって教えるのね。」と嬉しい言葉をいただきました。
子供たち、「できた!」「見て、見て!」と嬉しそうでした。
背中とお腹に力を入れ、両足を揃えるなど、正しい姿勢も教えます。
持ち方と姿勢を何度か練習し、プリントを配ります。
両手でしっかり持ち、良い姿勢をして、教師の後に読ませます。
あっという間に子どもたち上手になっていきました。
多い子では20回近く読んでいました。

全員で揃って1回読み、聞いていた保護者の方たちから拍手が起きました。

 
d0173626_23113185.jpg

また鉛筆の持ち方を確認し、「直写ノート」(トレーシングペーパーノート)を配ります。
「字が上手になる魔法のノートです。これで、お手本をなぞってください。」と言うと、
すぐに子どもたちが「シーン」となりました。
先ほどまでにぎやかだった子どもたちが、とても集中してノートに向かい、
お手本をなぞりました。

なぞり終わった子には「お家の人に見てもらっておいで。」と話しました。
お母さんやお父さんから「上手だね!」「頑張ったね!」と言ってもらった
子どもたちは、とても嬉しそうでした。

ここで保護者と子どもが別室に分かれます。
保護者の方は、「子育て講座」を受けました。
「教えて、誉める」教育の大切さ、小学校生活に向けたお悩み相談、
愛着形成の重要性などを話し、大変好評をいただきました。

 
d0173626_23114066.jpg

子どもたちは、学習規律を楽しく学べる
「ソーシャルスキルカルタ」をしました。
札には「よいしせい りょうあしつけて すわります」
「しっぱいを おそれずどんどん てをあげて」
などと書かれています。

 子どもたちは、元気よく札を取り合っていました。
 

アンケート結果
【子ども】
 1.たのしかったですか?
     
      とてもたのしかった・・・23
          たのしかった・・・2
      まあまあたのしかった・・・0
        たのしくなかった・・・0

 2.たのしかったこと、うれしかったこと、べんきょうになったことなど、
   おもいでにのこったことをかいてください。

       ・なわとび・こくご
       ・てつぼうがたのしかった。とびばこがおもしろかった。
        なわとびがおもしろかった。いちばんさいしょがおもしろかった。
       ・てつぼう・なわとび(同2名)
       ・べんきょうがたのしかった。なわとびがすきになった。てつぼうがすき。
       ・べんきょうがとてもたのしかった。なわとびがたのしかった。
        かるたがたのしかった。てつぼうがすきになった。
       ・べんきょうがたのしかった。
       ・おんがくのおべんきょう。こくごのおべんきょう。かるた。とびばこ。
       ・かるたがとれなくてくやしかった。なわとびはたのしかった。
        とびばこができた。てつぼうがたのしかった。
       ・なわとび・こくご・おんがく・かるた。
       ・かるたであそんだ。うたうたってたのしかった。
        なわとびたのしかった。てつぼうたのしかった。
       ・とびばこ・てつぼう・なわとび
       ・かるた・こくご・おうた・なわとび・てつぼう
       ・てつぼうがたのしかった。
       ・てつぼう・なわとび
       ・なわとびたのしかった。あと、せんせいとかたのしかったです。
        せんせいやさしいでした。やさしかったです。
       ・こくご・うた・なわとび・かるた。
       ・てつぼうがたのしかった。とびばこがたのしかった。
       ・カルタが楽しかったです。友だちとあそんだこと。こくご。
       ・なわとびがたのしかったです。

【保護者】
1.ご参加いただいたきっかけを教えてください。
   ①配布されたチラシを見て・・・20
   ②紹介されて・・・1
   ③過去に参加して・・・1
   ④新聞記事を見て・・・2
   ⑤その他・・・0

2.本日の内容はいかがでしたか。
   ①とてもよかった・・・21
   ②まあまあよかった・・・2
   ③少し不満である・・・0
   ④不満である・・・0

3.本日の内容に対するご意見ご感想をお願いします。

   ・とびばこは家でイスがわりにしかやらせてないので、良い機会でした。
    なわとびは、その子にあった長さで作ってくれるので嬉しいです。
    保護者向けの話の中で、ほめきって、課題はあとで・・・が気を付けよう
    と思いました。鉄棒のさかあがりは、おへそを近づけることがこつと
    知りました。先生方、お休みの土曜日の午前中、お疲れ様です。
   ・どのように教えていいかわからなかったんですが、今日参加してみて
    楽しみながらやってみようと思いました。
   ・子どもも親もとても良い体験をさせて頂きました。ほめる事、愛着を
    大切に子育てをしていきたいと思います。
   ・ほめる事を頭に入れて、子育てしていきたいと思いました。とっても良い話でした。
   ・また機会あったらたくさんお話聞かせてほしいです。参加したいです。
   ・お母さんのお話がよてもわかりやすく楽しく聞けました。
   ・年数回やってもらいたいです。
   ・楽しく色々なことを教えて頂いてありがとうございました。
    跳び箱が少し出来るようになって良かったです。
   ・他の友だちと共に色々な体験をさせて頂き本人のためになりました。ありがとうございました。
   ・また参加したいと思います。人数が多かったので少しせまかったですね。
    ありがとうございました。
   ・入学前に貴重な体験をさせていただきましてありがとうございました。子供といろいろ
    話し合いたいと思います。
   ・とてもよかったです。子供にとっていい経験ができたと思います。
   ・とってもよかったです。
   ・ありがとうございました。なわとびはあまり適していない気がします。(せまいので)
   ・子供も楽しそうにやっていたので、また参加させたいです。
   ・子供も親もとても勉強になりました。また機会があったら参加したいと思いました。
   ・最後の親への話とても良かったです。今日のことを参考にしてこれからの子育てに
    生かしたいです。今日のような学校生活になれば本当に嬉しいです。
   ・子供も楽しそうで、良かったです。
   ・とても勉強になったと思います。有難うございました。
   ・基本的な事を教えて頂きありがとうございました。
   
[PR]
by npoetc | 2013-02-23 22:56 | 【釧路・根室】
d0173626_22141822.jpg
d0173626_22125971.jpg
d0173626_2294229.jpg
d0173626_2284051.jpg
23日(土)の子ども町長シリーズのイベントについて報告いたします。

開催日時:2月23日(土)10:00~12:00

場 所:別海町交流館ぷらと

参加者:子ども14名
     保護者10名 
     スタッフ 4名
     合 計 28名

学校の先生が開く親子土曜学校「別海町子ども町長シリーズ3rd」の
イベントを23日(土)町交流館で開催いたしました。
ふるさとをよく知り、その魅力を外に発信できる子どもを
育てることを目的とした子ども町長シリーズは、根釧の小中学校
の先生方のグループ親子土曜学校が主催です。
2009年から始まったこのシリーズも、昨年の10月
から3期目を迎えています。酪農体験、防災教育、ニュースポーツ、
別海の牛乳を使ったお菓子作りなど町の産業や良さを学びました。
23日(土)のイベントでは、
「別海町の良さをアプリや動画で発信しよう」
というテーマで行いました。
現在、多くの利用者がいるスマートフォンで、
別海町の良さを学びながら遊べる
「別海○×クイズアプリ」を親子で作成しました。
また別海町の良さを自慢しPRする
「子ども観光動画」も作成しました。
事前にPRしたいことを考えてきた子どもたちは
カメラの前で、衣装や小道具を持ちながら
別海町の良さをPRする動画を作成しました。
完成したアプリや動画は親子土曜学校のホームページで
公開しています。
参加した親子からは、
「初めは恥ずかしがっていたけど、
やってみるととても喜んで撮影に臨んでいた」
「親子でパソコンに向かいながら
楽しくアプリをつくることができた」
という感想をいただきました。

また当日作成した動画は、下のHPで視聴できます。

子ども観光動画HP

なお、子ども町長認定式が3月19日(火)16:30より
役場で子ども町長認定式を行います。
[PR]
by npoetc | 2013-02-23 22:05 | 【釧路・根室】
 
d0173626_12171799.jpg
d0173626_1217178.jpg
d0173626_1216489.jpg
2月23日(土)に開催した「旭川子ども観光通信員2012」の報告です。
 7回シリーズの最終回のこの日は、旭川の伝統工芸である「優佳良織(ユーカラおり)」を体験しました。自分の好きな色を組みあせてつくりました。機を動かすのもおもしろい体験でした。
 
 体験活動の終わりには、感想を交えて「優佳良織PRムービー」も作成しました。
 こちらでごらんになれます。
 http://www.youtube.com/watch?v=RDieAFlQa5s

 次年度は、今年度の活動内容をさらに発展・充実させた「旭川子ども観光通信員2013」を企画運営してくように計画中です。

【概要】
(1)実施日:2月23日(土)13:00〜15:00
(2)場所:優佳良織工芸館(旭川市)http://www.yukaraori.com/yukara/
(3)イベント名:旭川子ども観光通信員2012・優佳良織体験
(4)参加人数 子ども10名・保護者7名 計17名
(5)スタッフ数:1名(高橋一行)
(6)活動時間:2時間
(7)主催:TOSS上川 後援:旭川市教育委員会
(8)事務局長名:高橋一行
(9)報告者名:高橋一行
(10)内容:優佳良織体験
[PR]
by npoetc | 2013-02-23 15:30 | 【上川・留萌】

鳥取寺子屋

鳥取地区の保護者有志で立ち上げた『鳥取寺子屋』に参加しました。
空き缶釣りをしました。

1.日時:平成25年2月16日(土)9:00~12:00

2.場所:鳥取地区集会所

3.参加数:子ども7名

4.参加者:山本真吾

d0173626_15374523.jpg

d0173626_15382653.jpg

d0173626_1539741.jpg

[PR]
by npoetc | 2013-02-16 16:00 | 【釧路・根室】
TOSS空知主催の子どもTOSSデー スキー教室を開催しました。

参加者 7名
    小学生 3名
    年長児 4名
    保護者 5名 (100%)
講師  伊藤夕希子 大沼靖治 廣川 徹
場所  北広島市 ダイナスティースキーリゾート
日程
  9:30〜10:00 受付
 10:00〜12:00 スキー実技1
 12:00〜13:00 昼食
 13:00〜15:00 スキー実技2
 
実技1 小学生班 担当 伊藤
    ターンに必要な基本的な動きを指導する。
    一人、プルークの維持ができない子がいたので集団指導の中で個別に対応をする。
    後半は、レベルの違う子にごくごく基本的内動きを指導をして成果を得る。

    年長児班 担当 廣川 大沼
    リフトに乗ったことのない子を含めて、4名全員をリフトに乗車させる。
    保護者に手伝いをお願いして、リフトに乗せてもらう。
    プルークを維持できる「トライスキー」を全員に取り付けて、初心者コースを
    滑って降りてくる。
    二度目三度目は中級者コースをゆっくり滑る。ターンの要領を指導するのではなく、
    進む方向だけを示して自然とターンに導く指導をする。

実技2 小学生班 担当 廣川
    午前中に指導した基本的な動きを習熟させる。
    ターン弧の大きさを変えたり、スピードや斜面変えて、滑ってみる。
    動きを洗練させるための細かい指導を行う。
    はじめに個別指導が必要だった女の子は、一人で中級者用のコースを
    滑って降りてくるようになった。
    年長児班 担当 伊藤 大沼
    午前中に練習したターンを自分の意思でできるように、繰り返し指導をする。
    最後は中級者用の斜面を自分の足でコントロールして滑ってこれるようになる。
   
d0173626_2035177.jpg


感想
保護者1
滑ったら止まれない息子が
最後は見ていて安心する滑りになっていたので良かったです。
また、三角にしてなどわかりやすい言葉で指導してくれたり
不安を取り除くような声かけをしてくれたので
子どもたちもがんばれたように思います。
一日スキーに乗った後でも
幼児チームのみんなはニコニコしていたので
楽しく教えてくれたのだと思いました。

また、スキーが嫌い、苦手と言っていた娘が
最後にはスイスイと斜面を降りてくるようになっていました。
レッスン後には「もう一度滑りたい」「リフトに乗るのが楽しい!」
「またスキー場に行きたい!」と言っていたので驚きました。

やはり専門知識を持っている人に
きちんと指導してもらうと子どももできるようになるし
好きになるのだなと感じました。

ということはスキー以外のことでも
学校、習い事、どこでも
きちんとした知識のある人に出会えるかどうかで
子どもの好き嫌い、できるできないに
影響があるのかなと感じました。

保護者2
素人の親では、スキー場の上から下までころばないように滑らせるだけで
精一杯でした。
このスキー教室で教えていただいて、見違えるようにターンが上手になってびっくりしました。
指導技術でこんなに変わるのですね。
たった数時間でこんなに子どもの滑りが変わるなんて感動でした。
少人数で手厚い指導はとても贅沢でした。
ぜひまた参加したいと思います。
ありがとうございました。


子どもの感想1
最初は不安だったけど、ゆっくりすべって教えてくれて
滑れるようになりました。うれしいです。
また滑りたいです。
廣川先生はおもしろい。キャラが濃い!

子どもの感想2
じょうずになりました。
とくに曲がるところとかすべり方とかがうまくなりました。
すべるのが楽しくて、またスキー教室に行きたいです。
こんどまたやってください。行きたいです。
[PR]
by npoetc | 2013-02-03 19:46 | 【空知】
「くしろ子ども未来塾」とは,学問を基本に文化活動やスポーツができる場を提供することで,子どもの健やかな成長の一助となることを目的に発足しました。
月に1回,釧路市内のコミュニティセンターを貸し切り,部屋ごとに基礎学習(国語,算数)体のしくみ,英会話,バレエ,日本舞踊,絵画,書道,華道,茶道,合唱,フラワーアレンジメント,社交ダンス,エコチャンバラ,体育(跳び箱,鉄棒)の14講座を開設しています。
受講者は,以上の講座をいくつでも自由に受講することができます。

NPO法人まちづくり教育協働企画エトセトラは,この中で基礎学習と体育を担当しています。
スタッフは,訪れたお子さんの希望や年齢に合わせて,次のような教材を使って学びの場を提供しています。
その中で,保護者には教材の特徴や意義,学習の仕方などを説明しています。
 ○直写ノートとおてほんくんを使った直写
 ○漢字輪郭カード
 ○ペーパーチャレラン
 ○電子黒板を使った計算ゲーム(かけ算ファイターさが,ナリガイガーなど)
 ○百玉そろばん
 ○カルタ(五色百人一首,ことわざカルタ,五色俳句カルタなど)
 ○かけ算尺
 ○跳び箱
 ○くるりんベルトを使った鉄棒


1.日時:平成25年2月3日(日)10:00~12:00
      ※集合9:30

2.場所:コア鳥取(釧路市鳥取コミュニティセンター)

3.参加者数:子ども90名 保護者60名

3.スタッフ:①菅原泰弘  ②勝田仁   ③五十嵐貴弘
       ④瀧澤美恵  ⑤阿相裕隆(弁護士)  
       ⑥山崎柊平(釧教大)      ⑧塩越あかり(釧教大)
       ⑨表共良(カーショップオモテ代表取締役社長)
       ⑩山本真吾

d0173626_957419.jpg

d0173626_9595223.jpg
d0173626_9575467.jpg

d0173626_1024912.jpg

[PR]
by npoetc | 2013-02-03 16:00 | 【釧路・根室】
紙飛行機を4種類作りました。

1.日時:平成25年2月2日(土)12:00~15:00

2.場所:釧路町コミュニティセンター

3.参加数:子ども10名

4.内容:①ソーシャルスキルカルタ
     ②五色百人一首
     ③釧路お魚カルタ
     ④暗唱「十二支     
     ⑤紙飛行機工作

d0173626_15301874.jpg

d0173626_15304727.jpg

d0173626_15311087.jpg

d0173626_1525913.jpg

d0173626_15253350.jpg

[PR]
by npoetc | 2013-02-02 18:00 | 【釧路・根室】