地域の中で、地域の方々と協働し、「観光」「福祉」「郵便」「防災」「医療」「まちづくり」など、“教師だからこそできること”を探して活動しています。


by npoetc

<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

親守詩北海道大会

九月二十一日(土)札幌・共済ホールで「親守詩北海道大会」を開催しました。

参加者数:273名

応募作品数:1952作品

たくさんのご協力ありがとうございました。

d0173626_19432462.jpg

[PR]
by npoetc | 2013-09-21 19:39 | 【全道】
9月7日(土)に、

登別市の市民活動センター「のぼりん」で、

「第8回子どもわくわく教室」

を開催しました。

日時 9月7日(土)13:45~16:00

会場 登別市市民活動センター「のぼりん」

参加人数 子ども13名 保護者10名

日程 13:45 アイスブレイク

   13:55 楽しい理科実験

      ①すずめばち

   14:10 ②紙(かみ)コップロケット

    休憩

   15:00 ③空気砲(くうきほう)を作ってあそぼう

   15:40 アンケート

   15:50 修了式

【参加者の主な感想】

☆子供

 ○そうぞうしたことのない物がたくさんあったので、

  またきて、いろいろなことをしたいです。

 ○くうきほうのまとをたおすところや、

  がっきみたいに音がなることが、たのしかったです。

 ○くうきほうであそぶことができてうれしかったし、

  くうきほうをつくることができてうれしかった。

  ロケットをつくれてうれしかったし、

  ロケットがたくさんとんでうれしかった。

  あけたらきけんのやつをつくったりしてたのしかったし、

  あけたらきけんのやつをだいどころにしかけます。

 ○すずめばちがビックリした。

  空気ほうが楽器みたいで楽しかった。

 ○ペットボトルのそこに風船をつけてくうきほうができるんだと思いました。

  またきたいです。

  


☆保護者

 ○毎回、楽しく参加させていただいております。

  「チャレラン」を楽しみにしています。(豆つかみ、お手玉入れetc…)

  ぜひ、開催をお願いいたします。

  今日はありがとうございました。

 ○又、すぐ開催してください!

 ○初めて参加しましたが、また参加したいと思いました。

 ○毎回、先生方のやさしい接し方に親子共々うれしく思います。

  ありがとうございました。

 ○わくわく教室に参加して、普段の生活の中で、「なぜ?」を見付けて

  興味を持ち、調べるということにつながればいいなあと思いました。

d0173626_8572392.jpg
d0173626_8563324.jpg
d0173626_8555785.jpg


(文責・田上)
[PR]
by npoetc | 2013-09-08 08:55 | 【胆振・日高】
根室市で5回目の五色百人一首根室大会を行いました。
根室市だけでなく中標津町からも参加をいただき、過去最高の児童32名が熱戦を繰り広げました。

根室市緑町・梅ヶ枝町両商店街様から協賛をいただき、入賞した子への賞品とさせていただきました。
入賞した子たちは大喜びでした。

決勝戦では妹や友達を手を合わせて祈るように見守る子、
会場中に響き渡る声で「はい!」と元気よく札を取り、参観している保護者から「お~!」と声が上がった子、
学級では強かったのに大会では負けて悔しくて泣きじゃくっていた子、
「全然緊張しなかったよ。」と、笑顔で決勝まで勝ち上がった子、

たくさんの子供たちの素敵な姿が見られました。

待ち時間には控室で「ペーパーチャレラン」をしました。
こちらも
「やった!~点だ!」
「~位になった!」
と大盛り上がりでした。

「負けたけど楽しかった!」
「来年も出たい!」「もっとやってほしい!」
「CDつきの百人一首を買って、家で練習します。」
「子供たちに良い経験をさせられました。」
「はじめて百人一首をやってみて、わかりやすくてとても楽しめました。」
「子どもたちがみんながんばっていて、おもしろかった。」
と、素敵な感想をたくさんいただきました。

また来年以降も続けていきたいと考えております。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。
d0173626_7502056.jpg
d0173626_7501026.jpg
d0173626_749564.jpg
d0173626_7494086.jpg
d0173626_7492971.jpg
d0173626_7491467.jpg



【概要】
 (1)実施日:9月1日(日)10時~13時
 (2)場所:根室金刀比羅神社社務所
 (3)イベント名
    第5回TOSS五色百人一首根室大会
 (4)参加人数:子供32名・保護者20名 計52名
 (5)スタッフ人数:7名(平田・馬場・山田・青木・五十嵐・沓澤・岡戸)
 (6)主催:TOSSネムロ 共催:NPO法人エトセトラ
    後援:根室市・根室市教育委員会 
    大会名誉会長;松浦宗信北海道議
 (7)事務局長名:平田純也
 (8)報告者名:平田純也
 (9)内容
  1.開会式
  2.予選リーグ(はじめてコース・青札部門・桃札部門)
  3.決勝トーナメント(同上)
  4.アンケート書き・閉会式

【アンケート結果】
(子供)
 1.たのしかったですか?
          ・とてもたのしかった・・・16
          ・たのしかった・・・2
          ・たのしくなかった・・・0

 2.たのしかったこと、おもいでにのこっていることは
   なんですか?
         ・もも色で二回めの相手がつよかった。
         ・今日の百人一首大会で桃ではかてなかったけど、
          青で一位になれたことがうれしかったです。
         ・青色をはじめてやる時、どきどきした。
         ・しょうじき じゅんゆうしょうに はいれるとはおもわなかった
          から、うれしかったです。
         ・青色のふだをがんばって たのしかったです。
         ・とてもたのしかった。
         ・青ふだで1位をとれなかったので、1位をとれるように
          練習してまた来ます。
         ・青札は勝てなかったけれど、もも札で勝ててうれしかった。
         ・つよい人がいっぱいいて、1かいせんで まけてしまった。
          またやって、つぎはかちたいです。
         ・あおふだで1かいかてたのでうれしかった。
         ・まけたけど すごくたのしかった。
         ・百人一首がたのしかった。
         ・最後は負けたけど、楽しかった。
         ・ひゃくにんいっしゅでよんいになれた。
         ・去年より人数がふえててビックリした。おととしと去年は
          青札でゆうしょうして、今年は赤札でゆうしょうできて
          よかった。

 3.毎月開いている親子土曜学校では、親子で「ケーキ作り」や
   「年賀状作り」「五色百人一首」などいろいろな勉強をしています。
   どんなことをしてみたいですか?
         ・とくにない。
         ・私は「年賀状作り」をやりたいです。
         ・百人一首をもう一回やりたい。
         ・ケーキ作りをやってみたいです。
         ・おかし作り
         ・生キャラメル作りがまたしたいです。
         ・五色百人一首
         ・おかし作り
         ・料理
         ・ケーキ作り
         ・工作作り
         ・百人一首
         

(保護者)
 1.参加されたきっかけを教えてください。
         ・チラシ・・・6
         ・新聞記事・・・0
         ・過去に参加して・・・0
         ・紹介されて・・・0
         ・その他・・・0

 2.本日の内容はいかがでしたか。
         ・とても良かった・・・5
         ・良かった・・・0
         ・少し不満である・・・1
         ・不満である・・・0

 3.ご意見、ご感想をお聞かせください。
         ・子供に良い経験をさせる事ができました。
          ありがとうございました。
         ・ボランティアをつのるなどで、時間を短縮できると
          良いですね。
         ・はじめて百人一首をやってみて、わかりやすくて
          とても楽しめました。
         ・子どもたちがみんながんばっていて、おもしろかった。
         ・予選の組み合わせや決勝トーナメントの表を貼りだして
          ほしい。これだけ参加者がいるのなら、年1回ではなく、
          年2回ぐらい開催してほしいです。
[PR]
by npoetc | 2013-09-01 19:35 | 【釧路・根室】
大学生2名がお手伝いに来てくれました。
英会話のお手伝いには高校生3名が来てくれました。

新しい教材として「アタマげんきどこどこ」が人気でした。
2歳の子も楽しく遊ぶことができました。
「アタマげんきどこどこ」は,日本初ワーキングメモリをきたえる絵本です。
「ミッケ」に似ていますが,「ミッケ」より多様な楽しみ方があり,その中で子どもの脳,特にワーキングメモリーを鍛える絵本です。

「アタマげんきどこどこ」「TOSS計算尺」は,どこで買えるのですかと保護者の方から聞かられることが数回ありました。

跳び箱,鉄棒もいつものように大人気でした。


1.日時  平成25年9月1日(日) 10:00~12:00

2.場所  コア鳥取(釧路市鳥取コミュニティセンター)

3.参加者 子ども 90名 保護者50名

4.スタッフ
①表共良  ②勝田仁   ③菅原泰弘  ④石川雅昭
⑤塩越あかり(釧教大)  ⑥齋藤裕奈(釧教大)
⑦高橋智子 ⑧山本真吾   

d0173626_2131111.jpg
d0173626_215930.jpg
d0173626_2161013.jpg

d0173626_2173584.jpg

[PR]
by npoetc | 2013-09-01 16:00 | 【釧路・根室】