人気ブログランキング |

地域の中で、地域の方々と協働し、「観光」「福祉」「郵便」「防災」「医療」「まちづくり」など、“教師だからこそできること”を探して活動しています。


by npoetc

子ども町長シリーズ第6弾「フットパス体験」

(1)実施日:平成22年7月24日(土)
(2)場所:別海町ぷらと、別海フットパスコース
(3)イベント名:子ども町長シリーズ第6弾「フットパス体験」
(4)参加人数:子ども6名・大人5名
(5)スタッフ人数:6名
(6)活動時間:3時間
(7)主催:学校の先生が開く親子土曜学校



(続き)

協力していただいたのは、別海グリーンツーリズムの押田栄司さんです。

別海町に「フットパスコース」をつくって別海町の自然の素晴らしさを広くアピールされていらっしゃいます。

当日の日程です。

まずは室内で、TOSSの山田先生による「わくわく植物図鑑」を使った授業。

山田先生の見事な対応に参加した子どもたちはどんどん植物図鑑を開いていきました。

次に押田さんが簡単に別海のフットパスコースについて話をされ、いよいよ出発です。

会場の「ぷらと」は、かつてJRの駅でした。

フットパスはその線路跡を利用したものでした。

「みなさん、道路とこのフットパスコースとの違いわかるかな?」

知的な発問と解説で、フットパスがスタート。

ところどころで止まって、駅員の休憩所や鉄橋跡などを解説してくださいます。

参加した一人の女の子が、「ほら、先生、この花と一緒だよ」と、

『わくわくしょくぶつずかん』を開いて見せてくれました。

すると今度はその子のお兄ちゃんが、「ぼくはこれとこれを見つけたよ」と指差してくれました。

押田さんも、「じゃあ、これは?」と質問。

「シロツメクサ~、さっきはね、このアカツメクサもあったよ」と会話も弾みました。

参加者した親子は、約2時間にわたって別海町の自然を満喫。

普段は見ることのできない角度から自分たちのまちを散策できるフットパス。

参加したお子さんの感想
--------------------------------------------------
また来たい。線路があんなに続いているとはすごかった。
鉄橋を渡ったり、写真を撮ってもらったこと、おんぶしてもらったこと
いろいろな花があった。
--------------------------------------------------

保護者の感想
--------------------------------------------------
なかなか体験できないところを歩くことができて楽しかったです。
時間があればもう少し先まで行きたかったです。
別海にこのようなフットパスコースがあるなんて初めて知りました。
普段見れないものを体験できて楽しかったです。先生方に感謝します。
--------------------------------------------------
(事務局長・青木勝美)●NPO法人エトセトラHP


d0173626_20123188.jpgd0173626_20125046.jpgd0173626_20242268.jpgd0173626_2013045.jpg
by npoetc | 2010-07-24 19:53 | 【釧路・根室】