人気ブログランキング |

地域の中で、地域の方々と協働し、「観光」「福祉」「郵便」「防災」「医療」「まちづくり」など、“教師だからこそできること”を探して活動しています。


by npoetc

第22回“学校の先生が開く”親子わくわく授業体験

(1)実施日:7月25日(日)
(2)場所:帯広市・帯広市民活動交流センター
(3)イベント名:第22回“学校の先生が開く”親子わくわく授業体験
(4)参加人数:子ども17名・大人11名
(5)スタッフ人数:7名
(6)活動時間:約2時間
(7)主催:TOSS十勝教育研究サークル(TOSSお茶しましょ)





d0173626_20384184.jpg(続き)

親子でTOSSの佐藤式工作に取り組みました。

保護者のアンケート結果です。

・大変よかった 9人
・よかった 2人
・あまりよくなかった 0人
・よくなかった 0人

子どものアンケートは次のようになりました。

・とてもたのしかった 13人 
・たのしかった 4人
・あまりたのしくなかった 0人
・たのしくなかった 0人

保護者からいただいた感想の中には、佐藤式工作の長所を見事に言い表したものがたくさんありました。

「どんな風に作ってもおもしろくて、失敗がないのがいいですね」

「自分で想像しながら、いろいろな色を使い、作品を作っているのがよかったです」

「個性を伸ばせてよかったと思います。4歳児も真剣でした。6年生もとても楽しかったようです」

TOSSの先生方の対応のよさについても書いていただきました。

「先生方のほめてくれた言葉が、とても子どもたちをやる気にさせてくれ、私自身も少しほめてやる気を出させられるように…とも思いました」

「一つ一つの過程を何度かに分けて指導してくれるので、1年生でも分かりやすく取り組めました。先生方にずっと見ていて教えてもらいながら作れたので、不安もなかったようです」

「先生方がとてもよくほめてくださるので、子どもたちも楽しいようです。親が『えっ!』と思う出来でも、先生のほめ言葉によって、作品がよくなる。(たぶん投げ出さないからだと思います。)親としても学ばせていただきました」

最後に子どもから出た感想をひとつ。

「すごくたのしかったです。すすむのがおもしろかったです。つぎの『牛乳・カルシウムの秘密を学ぼう』はどんなことをするのかたのしみです」

(事務局長名:佐々木智穂/報告者:永山 祐)d0173626_20385190.jpg
by npoetc | 2010-07-25 20:36 | 【十勝】