地域の中で、地域の方々と協働し、「観光」「福祉」「郵便」「防災」「医療」「まちづくり」など、“教師だからこそできること”を探して活動しています。


by npoetc

実りの秋 第12回子どもTOSSデー 七飯

(1)実施日:10月31日(日)
(2)場所:亀田郡七飯町大中山
(3)イベント名:実りの秋 第12回子どもTOSSデー
(4)参加人数:子ども6名・大人4名
(5)スタッフ人数:5名
(6)活動時間:2時間
(7)主催:TOSS海峡/共催:NPO法人エトセトラ/後援:七飯町





(続き)

①ふれあい囲碁

②七飯りんご大学講座 地元の佐々木果樹園さんをお招きして

③絵手紙講座 佐々木果樹園さんのりんごを使って同時に保護者講座
  
佐々木果樹園さんの主、佐々木義道さんは、ふれあい囲碁から参加された。そして、最後までおつきあい下さった。

りんご大学講座では、佐々木さんが講師を務め、土作りから始まる有機栽培について、子ども達に話をされた。その後、函館新聞から取材を受けた。

佐々木さんは現在六十六歳、あと4年でりんご作りを止めるという。

息子さんも跡は継がないそうだ。

去年は200本、りんごの木を切ったとのこと。

その話を聞いて、有機栽培のりんごが食べられなくなる、大変なことになった、と、子どもTOSSデーでの講座を思いついた。

前任校では、生徒会を担当した。

秋の交通安全キャンペーンでは、とれたてのレッドゴールドをドライバーに配った。りんごの木は、佐々木果樹園さんからリースした。

その時から佐々木さんとのつきあいが続いている。

りんご大学講座の開催が実現できて良かった。

佐々木さんは子ども達に言った。

「りんごの木を植えて、採算が取れるようになるには5年かかる。

丁度5年後に新種が実る。みんなに、りんごの木を貸す。」

先生方に向かっても「先生方にもりんごの木を貸す」と言われた。

まちづくりに貢献できる道筋を今後考えていかなければならない。(報告:長岐智穂)
[PR]
by npoetc | 2010-10-31 20:51 | 【渡島・檜山】