地域の中で、地域の方々と協働し、「観光」「福祉」「郵便」「防災」「医療」「まちづくり」など、“教師だからこそできること”を探して活動しています。


by npoetc

体験の風をおこそう北海道釧路市子ども体験遊びリンピック・チャレラン大会

(1)実施日:平成22年10月23日(土)
(2)場所:釧路市イーストウィンビル1階
(3)イベント名:体験の風をおこそう北海道釧路市子ども体験遊びリンピック・チャレラン大会
(4)参加人数:子ども20名・大人10名
(5)スタッフ人数:8名
(6)活動時間:6時間
(7)主催:TOSS千里/共催:NPO法人エトセトラ





d0173626_2058060.jpg(続き)

空洞化の進む中心街の店舗を会場としました。

子どものたくさんいる住宅街の近くでの開催も考えましたが、

あえて中心街でやってみることにしました。

シャッター通りと言われるところに子どもを呼べれば、

まちづくりにもわずかでも貢献できるかと思ったからです。

中心街に活気を取り戻すというほどの参加者数ではありませんでしたが、

参加した子ども、保護者には満足していただいたと思います。

お父さんお母さん子ども2人に親戚の子どもを連れて参加したファミリーは、

2時間たっぷり遊んでいってくれました。

息子さんが空き缶を14個積んで子どもの部の1位に、

お父さんが何と19個積んで大人に部の1位になりました。

独立行政法人国立青少年教育振興から送られてきた羽子板で一心不乱に遊ぶ子どもいました。

新たな種目としての可能性を感じました。

スタッフの菅原先生が近くの商業施設でチラシを配ってくれました。

その中のラーメン屋さんの子どもがやってきて、3時間以上遊んでいきました。

帰りは、車の中から手を振りながら、名残惜しそうに帰って行きました。

チラシを配った商業施設の方とは、お祭りでのチャレラン大会でお近づきになりました。

チラシを配る許可をお願いしたら、即OK。その上その方自らにもチラシを配っていただきました。

今回、「体験の風をおこそう運動」及び私たちの活動に賛同して、

会場を提供していただいた会社からは、訪れた保護者のために駐車場の半額券も提供していただきました。

会場と駐車券がTOSS千里への活動への寄付ということです。

私たちの活動の趣旨に賛同してくれる方が少しずつ増えてきていることが実感できるチャレラン大会でした。(報告者:山本真吾)d0173626_20581751.jpg
[PR]
by npoetc | 2010-10-23 20:56 | 【釧路・根室】