地域の中で、地域の方々と協働し、「観光」「福祉」「郵便」「防災」「医療」「まちづくり」など、“教師だからこそできること”を探して活動しています。


by npoetc

子ども文化教室・郵便局スペシャル

(1)実施日:平成22年11月13日(土)
(2)場所:日本郵便旭川支店(旭川中央郵便局)
(3)イベント名:子ども文化教室・郵便局スペシャル
(4)参加人数:子ども12名・大人5名
(5)スタッフ人数:8名
(6)活動時間:2時間
(7)主催:空知上川伝統文化普及協会
  協賛:TOSS上川・NPO法人エトセトラ
  後援:旭川市教育委員会





d0173626_2165211.jpg
(続き)

夏の「手紙の書き方」事業・郵便局訪問以来、

企画業務室長の伊林氏と懇意にさせていただいてます。

今回は、子ども文化教室のために、会場を提供していただきました。

今回の子ども文化教室は、題して、

「子ども文化教室・郵便局スペシャル」です。

また、今回は、外部講師を招聘しました。

日本絵手紙協会公認講師の根本春恵氏(旭川在住)を講師にお迎えしました。

根本氏とのコンタクトも、やはり、郵便局訪問で得た人脈でした。

内容は、「親子でつくる!絵手紙教室」です。

いつもの子ども文化教室は、児童のみの活動がほとんどでした。

保護者は、子どもの活動を見ているか保護者講座に参加しているかの、どちらかでした。

そこで、今回は、親子一緒に演習できる形式をとりました。

絵手紙というのはこうものだよ

線をかく筆はこうもつのですよ

色はこうやってつけるといいよ

と、講師の先生が懇親丁寧に教えてくださいました。

最初は、緊張していた子どもたちも、次第に雰囲気に慣れはじめました。

そして、全員がそれぞれの個性あふれる絵手紙を仕上げました。

(児童アンケートより一部抜粋)

1.はじめての絵手紙をやってみて、とっても楽しかったです。
  根本先生が、絵手紙のかき方をかんたんに楽しく教えてくれて楽しかったです。
  また、やりたいと思いました。

2.絵手紙はとても楽しかった。

3.絵手紙楽しかったよ。またやりたいよ。

(保護者アンケートより一部抜粋)

1.今回は子どもと一緒に参加させてもらい、とても楽しかったです。
  絵の具を使ったり墨で字を書いたり、懐かしさと楽しさでいっぱいでした。

2.機会がないとなかなかできないので、とても楽しかったです。
  とても楽しかったので、家でやってみようと思います。

3.一緒に参加できて、とても楽しかったです。
  いつも傍で見ているのですが、たまに、子どもと一緒に参加すると、
  いろいろな会話や体験を共感できてとてもよい経験となりました。


夏の郵便局訪問が、今回の開催につながりました。

今後もこのつながりを大切にしてまいります。

子ども文化教室の枠組みを、

「教師・児童・保護者」から「教師・児童・保護者・地域」へと拡大させていきます。


次回は、12月11日(土)の開催を予定しています。 (報告:高橋一行)d0173626_217842.jpgd0173626_2172288.jpg
[PR]
by npoetc | 2010-11-13 21:05 | 【上川・留萌】